スポンサーリンク

蛇に噛まれるとこんな流れで死ぬ

お勉強

みなさん蛇に噛まれたことありますか?

毒蛇ですよ。

私は・・・ありま・・・せん。

毒蛇っていえば頭の形が足の親指の形してるとかなんとか

噛まれたら毒を吸い出すとかその直上を縛るとか色々言われていますよね。

噛まれたときの対処方法の共通点は毒が体内に回っていかないようにするということ。

どのような毒で、全身に回るとどうなるのでしょうか。

これは目に見えない恐ろしい反応の連続です。

 

スポンサーリンク

血が固まる作用の暴走

ちょっとかすり傷を思い浮かべてください。

血が出て、徐々に血が止まって、かさぶたができて、それが次第になくなって・・・

こんな流れで傷は治っていきます。

この徐々に血が止まるという現象には非常に様々な体内の反応が繰り広げられているのです。

凝固系・線溶系シリーズ3~抗凝固薬投与後診るべき血液データ~
抗血小板薬・抗凝固薬の作用機序、診るべき血液データのポイント、ヘパリンの作用・ワーファリンの作用、番外編でPIVKAや蛇に噛まれて死んじゃう理由も解説!

詳しくはこの記事を参照してください。

 

蛇の毒・・・これは、この血が止まる・固まるという現象を暴走させます

 

正常はこんな流れ

血が固まる正常の流れは以下となります。

  1. 血小板が傷口に集まる
  2. 血小板同士が結び付く
  3. 結び付く糊のようなものが強化される

この3では糊を作るためにプロトロンビンという因子が活性化されます。
そして糊ができ上り、それが血栓・かさぶたとなっていくのです。

へびきゃっち

蛇に噛まれると・・・

1.2の反応は正常と同様に行われます。

問題は3.のプロトロンビンが活性化「されすぎる」ということです。

糊がいっぱいできる・・・

血が固まりやすい・・・

これが恐ろしいんです。

 

血管内に大量の小さな血の塊が・・・

プロトロンビンの活性により、
血管内に大量の小さな血栓が生じました。

小さな血栓は太い血管では問題ありません

しかし臓器などの奥に進めば進むほど血管は細くなります。そうすると、臓器がフィルターみたいになり目詰まりを起こします。

そうです。臓器の機能不全を起こすのです。

腎臓・肝臓・肺など様々な臓器が機能不全に陥り、多臓器不全で死亡します。

しかし、血が固まる素材は有限です。
多臓器不全に陥る前に小さな血栓を作れなくなることもあります。

でも安心できません。血が止まりません。血を固める作用が反応しませんので、体内の様々な場所から出血し手に負えなくなる可能性もあるのです。

どっちに転んでも最終的には死が待つ恐ろしい蛇毒
対処方法・治療方法は専門ではないのでググって下さい( ´艸`)

 

もっとたくさんの人に届きますように

こちらのバナークリックで応援お願いします


友だち追加

お勉強
スポンサーリンク
el-nynyoをフォローする
スポンサーリンク
友だち追加
ハコニワ medical

コメント

タイトルとURLをコピーしました