スポンサーリンク

英語が読めなくても英論文がサクサク読めるツール紹介

アイキャッチ お勉強

アイキャッチ

臨床上で必要な知識を皆さんはどこから得ているでしょうか?

教科書?勉強会?

それも非常に大事ですが、最新の知見を得ようすると論文が重要になってきます。

スポンサーリンク

なぜ論文を読むのか

我々コメディカルが医者に治療法の有効性を説く時や、最新の知見を得ようとするとき、ガイドとインが変更になった背景を読み解く時には論文とそのエビデンスレベルが非常に重要となります。

感覚や感情で話をしてもだれも聞いてくれませんよ。だって履行されて、何かトラブルが起きて責任を負う可能性が最も高いのが医者ですから。

さて、じゃ論文読むか!ってなるんですが、日本語論文を読んで行くと引用が結構ありますよね。しかも外人さんの。Bobらは〜とかのやつです。そこに振ってある番号の引用論文は英語が多いです。

どんな意図で著者がその論文を引用したのか、引用論文の意図と相違が無いのかとか色々気になったら英語論文を読む時です。

 

英語ができない!

そう私だってできない!全くできない!

人間にはめちゃめちゃ賢い人がいるので、その人たちが開発した2つのものを使って読んでいきましょう。

論文全体の流れをつかむには以下の方法は適していますが、詳細をしっかり把握し今後の糧になるにはしっかり読み込むことが需要と思います。要はとっかかりです!( ´艸`)

魔法の道具は2つ

一つは定番・一つはあまり知られていないもの

Google翻訳

つい最近、東洋経済のニュースでGoogle翻訳の精度が上がってるなんてニュースがありましたが本当にすごい予測力です。

数年前なんて文章にならなくて使い物になりませんでしたからね。

でも一度は使ったことがあるでしょう。英語論文をコピペしてここに貼り付ける…

楽勝じゃないですか(*´∀`*)

・・・・・・とはいきません。なぜなら論文の改行は特殊です。

1

こんな感じで2段組になっています。

例えば下の図の赤い部分をコピペで訳して見ましょう。

2

in vitroおよびin vivo研究
私たちの理解を向上させるために貢献してきました
支配する複雑な要因
機械的換気中のエアロゾル送達

もうなんのこっちゃですよ笑

こうなっちゃうので、改行とハイフネーションを修正しすると、

in vitroin vivoの両方の研究は、人工呼吸中のエアロゾル送達を左右する複雑な要因についての理解を深めることに寄与している

と、こんな風にちゃんとした文章になります。

今までGoogle翻訳使えねーって言ってた人はこれが原因かもしれません。

 

改行・ハイフネーションを自動修正する「shaper」

何千字とある論文を全てコピペするって人は少ないと思いますけど、慣れないうちは論点もどこかわからないので、必然的に訳す箇所は多くなります。

そんな時にいちいち全ての改行とハイフネーションを修正なんてしてられません。

そこで、shaperです。

検索してページさえ開けばこっちのもんです。

ページを開いたらこんなシンプルな画面になります。

3

こんなシンプルなのに恐ろしい昨日を持ってます。

手順はこれだけ

4

①のところにコピペのみ!

5

コピペするとこんな感じで下のBOXに修正された文章が一瞬で出現します!

この出現した文章をgoogle翻訳に持っていきコピペしたらOKです。

どうでしたか?めんどくさい作業をこのshaperで一発解決!

無料で使えてすごいなこれ・・・

 

もっとたくさんの人に届きますように

こちらのバナークリックで応援お願いします


友だち追加

お勉強
スポンサーリンク
el-nynyoをフォローする
スポンサーリンク
友だち追加
ハコニワ medical

コメント

タイトルとURLをコピーしました