スポンサーリンク

酸素投与方式~低流量と高流量について~

アイキャッチ お勉強

臨床現場では酸素投与なんて日常茶飯事ですよね。

鼻カヌラ、マスク、人工呼吸器・・・

色々な酸素投与の形式がありますが、これが大きく2つの分類に分けられるのをご存知でしょうか。

人工呼吸器とそうでないもの・・・の分類についてはまた今度として、

題にもあるように「低流量と高流量」この分類について今回はご説明します。

スポンサーリンク

高いとか低いとか大きいとか小さいとじゃない

例えば、呼吸数が20回の人がいたとします。

その人の一回換気量は500mlです。

そして、その吸気呼気比率が1:2であったら、

1秒間で500ml吸気されます

この時の吸気流速は500ml×60秒=30L/

この30L/分を補える流量が出せたら高流量、出せなかったら低流量システムとなる

低流量システム

30L/分を補えない投与システムです。

では不足分はどこで補っているのでしょうか。

答えは鼻腔周辺の空気を吸っているのです。

酸素ボンベや中央配管から流れてくる酸素の濃度は100%です。

その100%を投与しているのに、上の図では100%に遠く及ばないものが多いですよね。

これは流量が低い分、大気中の空気を取り入れ、ブレンドされることで図のような酸素濃度になり得るということです。

そのため、患者の呼吸状態によって酸素濃度は変化します。

例えば、意識レベルが低い・喚起能力が落ちている・無呼吸があるなどの患者では100%に近づいていきます。

反対に、頻呼吸などの症状が出ている患者では濃度は低下します。

患者の呼吸状態により酸素濃度が変化する
COPDの人なんかに低流量でガンガン酸素投与したらCO2ナルコーシスになっちゃうよ
低流量システムの代表的なものがこちら

高流量システム

こちらは30L/分を補える投与形式です。

でもみなさん不思議じゃないですか?

だって流量計ってだいたい12~15L程度までしかありませんよね。

どうやって30Lも流量を出すのか。

それは大気中の空気を取り込みます。

それって低流量と同じじゃ・・・

 

実は違うの。ベンチュリー効果って知ってる?

ベンチュリー効果説明

この図のように小さい隙間に高圧の酸素を吹き付けてジェット流を発生させると、ジェット流の周りが陰圧になって空気が引き寄せらます。この配管からの酸素と大気中の空気の力を合わせて30Lを実現させます。

その時どうしても100%の酸素と、空気中の21%の酸素がブレンドされますが、どの程度ブレンドするかを調整する機能を持っています。

高流量説明画像

ベンチュリーマスクであれば、色のついたコマによって空気を取り込む窓の大きさが違います。インスピロンでは接続部直下の青いダイヤルを回すことによって空気を取り込む窓の大きさがかわります。

流量と濃度の関係は以下の表となります。

流量表

高流量はベンチュリー効果で成せる

 

低流量システムは患者の呼吸状態に左右される側面がありました。

こちらの高流量システムではどうでしょう。

30L/分以上の流量を確保しているわけですから、患者の呼吸状態によってあまり影響は受けません。

しかし、患者の喚起が低い場合には流量計の設定変更の必要はありませんが、過剰に大きな換気量の場合は流量を上げる必要性が生じる場合もあります。

高流量システムは基本的に患者の呼吸状態に影響されない
この違いがわかると臨床での理解の幅も広がりますよ。

コメント

  1. […] 者に低流量システムで高濃度酸素を投与するとCO₂ナルコーシスとなります。高流量システムでSpO₂値が100%にならないように濃度をコントロールしますhttp://hakoniwa-medical.com/oxygen-hight-low/ […]

タイトルとURLをコピーしました