スポンサーリンク

ツイキャスのポテンシャルについて~医療系こそツイキャスを使え~

マインド

モイ!ツイキャス好きな人がツイキャスのポテンシャルについて独断と偏見で書きました!( ´艸`)

医療系の人こそこのツールは色々と使える!

スポンサーリンク

勉強会参加ってへったよね

勉強会や研修会・講習会ってみなさんどれくらい参加されていますか?

医療職として研鑽は常に積んでいたいところですが、参加したいという思いがあっても色々制約が多くなり参加できていない人も多いのではないでしょうか?

こんな事言っている私も、臨床1~3年目と比べると格段に参加数は減っています。

人はライフステージの移り変わりで特に時間とお金の制約がでてきます。

そして、勉強会の開催件数などを見ると間違いなく東京・大阪など首都圏が多く地方が少ない傾向にあり、場所も制約になり得ます。

また、365日稼働の病院も非常に増えてきており、日曜開催が主体の勉強会などはそもそも勤務上難しいといった事態もなります。まぁ看護師さんや介護士さんは夜勤もありますしね。

 

学習意欲があっても様々な制約で学習意欲が落ちることは明白です。

 

そんな状況が嫌だから私は就職を地元九州ではなく関西でしました。

極力勉強会へのアクセスの障壁を低くしたかったんです。

でもライフステージの変化で参加頻度は下がります。

ほんで、たまにええなと思う勉強会をみると東京でやってんですよ。

関西の、それも大阪にいても東京のほうがいい研修会とかやってるわけですよ。

 

結局東京かよ!みたいな感じになるわけです笑

 

こんな状況に輪をかけて

 

・自費で研修会に参加、

・ホテル代+移動費+研修会参加費を払って、

・有給まで使って、

・その間家族のめんどうを数日頼んで

 

って考えると結構ハードルが上がりますよね。

 

では、こんな場所や時間・お金に制約がある人が研修会に参加する時にどういう行動に出るかというと

 

吟味です

吟味!

 

お金と時間を投じるだけの価値のあるものなのか

この視点がどんどんシビアになっていくんです

まだ、こんな感じで勉強会に参加しようとする人はすごいですよ。

普通なら参加する意欲はどんどん落ちる

そして研修会情報にもアンテナを張らなくなる

 

だから色々な制約のある人、参加しにくい人にも興味をもってもらう必要もある

場所を選ばず、アクセスしやすいネット環境で配信していく必要がある。

 

ネット上で

・存在をしってもらう

・吟味してもらう

・参加したいとおもわせる

 

こんな流れがより顕著になるでしょう。

 

新しい勉強会・講習会の潮流

今までは研修会ブームでしたが、そんな時代もすぎつつあるなか、吟味の助け舟として無料公開枠を設けることでハードルを下げるやり方も見られます。

あれってすごくいいですよね!

 

めちゃめちゃ入りにくいbarの重い扉を開くような勇気を、中身をちょっと見せてくれることで軽減している。

 

いい戦略だし、自分が参加するならそんなところを信頼します。

 

一部公開方法は色々あると思います。

 

Youtube・Twitter・FacebookなどのSNSや動画配信サービスなんかが利用しやすいでしょう。

 

そんなSNSなどを通じて、講師のキャラクターや思考・臨床論を知り・研修会内容の一部公開があると、参加のための保険ができている形になるんではないかと思います。そうすることでハードルが下がるんでしょう。

 

また、間口を広げる・知ってもらう・吟味してもらうという意味合いで、遠方でも参加できる配信型が今後どんどん延びてくると思います。

 

・実際に会場に出向く勉強会スタイル

・動画(リアルタイム・録画)配信で行うスタイル

 

特に後者が絶対伸びる

 

しかも5Gなんて導入された日にはもっと加速する

 

それを見越してOTの某有名教授さんはYoutubeで配信してますし、どんどんそういう状況になってきてます。

 

どう配信していくか

で、ここからが本題なんですが、

何を使って配信しようかって事なんですよ

 

①Youtube

②Facebookライブ

③ツイキャス

この3つが動画配信としてはユーザーも多くて効果的かと思います。

 

ほんで、個人的にはFacebookはアクティブユーザー少ないんで、、、なしです。

 

だからYoutubeかツイキャスなんです

 

で、ここが前提なんですけど動画は基本1発撮りか、いらない部分カットくらいで済ませるんですよ。エンターテーメント性が高い動画じゃないから、いらん装飾はいらんです。

 

いらん装飾はいらんです

 

編集なんかに時間と手間をかける必要性はないでしょ。アイキャッチくらいは作る必要性ありますが、、、

 

となると、ツイキャスが有効なんです。

 

なんでか??もうちょっと読んでみて下さいw

 

 

ツイキャスの強み4つ

ここで理由を挙げます

 

1.動画をそのままYoutubeにupできる

ツイキャスとYoutubeを連動させていれば、そのままYoutubeに動画をup可能です。

編集が不要な動画は、ツイキャスでライブ→Youtube配信が連動して行える強みがあります

 

2.Twitterで告知が容易

まぁYoutubeでも告知可能なんですけどアクセスstepがこちらのほうが少ないです

 

3.配信後の録画をそのままツイートできる

配信後録画を公開すればそのままツイートされて、そのまま共有できるのは強み

 

4.ライブ中の書き込みが同時にツイートされる

自らが書き込んだ内容はもちろん、視聴者も書き込みをすれば設定しだいでツイートしてもらえるので、新たなコアな視聴者を得やすい

 

 

 

要するに、ツイキャスを使えば

 

集客容易(もともとのフォロワー数・層に左右されますが)
配信容易
配信中の周知可能(しかも視聴者からの伝播あり)
配信後、収録内容をツイート可能 / Youtubeへのupがダイレクトに可能

 

ってこと

 

これはYoutubeやFacebookではできないんじゃないかな?

 

じゃぁツイキャスってどうやるのさ?

ツイキャスって配信方法が色々あります。

デバイス・映像か音声か・画像か映像か・映像はカメラ撮影かスクリーンか・他の人とコラボするかしないか・4人同時か・8人同時か・・・・みたいな感じでいろんな選択肢があります。

ツイキャス表

まぁ参考までにw

 

個人的にツイキャスは可能性のあるツールだと思っています。

 

える
える

まぁツイキャス推しなのは、個人的な思いがかなり強いです笑笑

 

本当に好きなんですよ。中毒みたいな感じ笑

 

キャスってその人の本音がでません?

あれが良いんですよね。

あ、この人の考え好きだなとかそんな感じが良い。

 

医療系の特にリハの研修会ってものによっては、なんか宗教じみてるじゃないですか。

あの人はすごいとかあの手技は勉強しろとか

あれ虫唾が走るんですよ

 

そんなことより、普通の人や同世代・ちょっと先輩とかそんな人の考えとか感じ方とかを聞きたいんですよね。なんか、こ~悩んでることを先輩にちょっと相談するとか、先輩らの話を盗み聴きする感じとかw

 

ツイキャスを夜に開いて、いろんな人が職種垣根を超えてコラボしてたら面白くないですか??

医療系の人の配信で共通の#をなんか付けて、それで検索したらいろんな職種の人が勉強会とか臨床感語ったりしてるのよ。

真面目な話もあれば、あるあるで盛り上がってところもあれば、雑談しているところもあれば、、、いろーーんな医療系キャスが毎夜繰り広げられている

そんで、コラボとかで化学反応が起きてる

コメントからダイレクトに配信者に質問が飛ぶ

それをリアルタイムで答えたり盛り上がったり・・・

 

勉強会とか言いながらちょっと知らなかった知識も補えながら、脱線しまくって面白い話も聞ける

意外と脱線話のほうが面白いじゃないw

 

そこで聞いてる人が、ちょっと勉強してみようとか、臨床で疲労困憊なところを癒やされたりとか、病んでる人の救済になったりとか、、、キャスで医療をベースにした人が集ってたら面白くないですか?

 

個人的にはそんな未来をみてみたいんですw

 

もうね、我々でこんなジャンルを一つ作ろうよ

もっとたくさんの人に届きますように

こちらのバナークリックで応援お願いします


友だち追加

マインド
スポンサーリンク
el-nynyoをフォローする
スポンサーリンク
友だち追加
ハコニワ medical

コメント

タイトルとURLをコピーしました